晴れ10月16日、中学校の『強歩大会』が行われました。お天気晴れも良く子供たちには暑すぎるくらいでした。
男女とも20km走ります。走ったことの無い距離で本人は「2時間以内に走る!」と意気込んでいました。運動部でないため完走できればな~くらいの気持ちで応援に行きました。そうしたら、ゼッケンの番号を勘違いしてたため娘に気つかず声をかけれませんでした。がく〜(落胆した顔)早い順番で来たのには驚きました。折り返しして来たら今度こそは声をかけなくてはあせあせ(飛び散る汗)・・・の思いでいました。苦しい顔できた娘に「沙希、最後までがんばれ!」と応援しました。自分自身もほっと一安心。(後で、娘に気づかない母っている?と怒られました)
 「強歩大会終わった!ありえない坂だった。でも、目標に立てた『どんなに辛くても歩かない!』が達成できた。本当に良かった手(チョキ)」と笑顔でいいました。沙希、お疲れ様わーい(嬉しい顔)
 緊張がとけたのもつかの間で、吹奏楽部の暗譜に一生懸命。することが沢山あるけどその分充実した中学校生活がおくれるのでは・・・。ファイトexclamation×2