二日続けて「優しい時間・田野倉」さん達が来てくれましたるんるん

かわいい今日のお客さんたちは元気でとっても明るく楽しい方達でした。みんなさん、笑顔が素敵な方たちでした。 特に、「あさちゃん」と呼ばれている方が笑顔も素敵で陽気なかたで私もファンになりました。園にいてくれたらいっきに明るくなり楽しいだろうなと思いました。 IMG_2532.JPG IMG_2533.JPG IMG_2534.JPG 「優しい時間・田野倉」のみなさんと~っても楽しいひと時をありがとうございました。 また、来年も会えるのを楽しみにしています。

スキーへGO・GOexclamation

12月29日、お天気なのはこの日しかないと思い、朝早く起きて初雪を屋根から下ろしてハウスの準備万端にして子供たちとスキー場へLET’GO車(セダン) スキー場は晴天でまさにスキー日和でした。スキー 沙希と美穂は上級者コースで滑ってましたが、惇志は今回でスキーの経験が2回目なので初級コースを滑っていました。お父さんに指導を受けてお姉ちゃんと一緒に急斜面にトライ!何度も転んでいましたがそのうちコツをつかみ上手に滑れるようになりました。子供の能力に驚きですふらふら 沙希の部活でなかなか一緒に出かけられませんでしたが、今年最後に家族で出かけられてうれしかったです。  IMG_2406.JPG  IMG_2407.JPG

トンネルで・・・

12月2日畑で仕事をしていたら「笹子トンネル崩落」のニュースを聞いてビックリしました。すぐ近くのトンネルで東京方面に行くときは必ず通るトンネルで、そのトンネルが『崩壊」信じられませんでした。トンネルを通るたびに「何かあったらこわいなぁ」とよく思いながら通っていました。追突事故は起こってもまさか天井が落ちるとは思ってもみませんでした。三陸沖地震から頻繁に地震があってその影響なのかなと思ってみたり・・・・・。人間いつどうなるかはわからない。ましてや天災は。一刻も早く原因を追求して二度とこのようなことが起きないようにして欲しいです。この事故で亡くなられた方に心よりご冥福をお祈り申し上げます。

なんなのこの寒さ小雨

朝から気温が上がらず超~寒いふらふら 動いていないと固まってしまいそう・・・。こう寒いと子供たちも風邪をひきだして病院通いです。沙希も吹奏楽部の大会が終わってほっとしたためかゲホゲホし鼻声になってしまいました。試験がちょくちょくあるので気を引き締めてがんばれ手(グー) 私たち夫婦はアルコールで体を清めてるので元気ですわーい(嬉しい顔)

すっかり秋ですね

晴れ10月はまだ暑いな~と言いながら過ごしていたのが、一雨ごとに寒さが増し11月に入るとあっという間に秋模様に早代わり。いっきに秋が訪れた感じです。赤や黄色のなんともいえないコントラストいいですね。本当に心が落ち着きます。ぶどうの葉っぱもきれいに様変わり。コーヒーでも飲みながら秋を感じていたいです。  IMG_2356.JPG  IMG_2355.JPG  

突然の訪問者

目朝いつものように庭を歩いていると何かいる!と感じ下を見ると『かに』が歩いてました。なぜ???それもどこを歩いてきたのか体はホコリだらけ。急いで息子を起こし「どうにかして!」と頼んだら「水をかけてあげたよ!」とにこにこ顔。この寒い朝に冷水!!思わずぶるっ。惇志ではダメなのでお父さんに頼みました。カラスに見つからないように小川に放したよと、一安心しました。 朝の思いがけない訪問者にバタバタしてしまいました。   IMG_2293.JPG

マラソン大会

晴れ10月20日(土)に奥野田小学校のマラソン大会が行われました。 6年の美穂は4.4km、4年の惇志は3.6km走りました。走るには少し暑すぎるくらいでしたがどの児童もがんばって走っていました。顔を見ると辛いんだけど走るしかないという感じがひしひしと伝わってきました。美穂は最後に追い越され6位でしたが、去年よりタイムをちじめたのには驚きました。よくがんばったねexclamation惇志は「おれ、短距離はいいけど長距離はだめなんだ・・・」とわざわざご報告してきました。3.4年合わせて30番台になりました。びりを覚悟していたので少しホットしました。来年は、美穂は中学生になり20kmになり、惇志は3・6kmと距離が伸びるのでがんばってねるんるん   IMG_2294.JPG

強歩大会exclamation

晴れ10月16日、中学校の『強歩大会』が行われました。お天気晴れも良く子供たちには暑すぎるくらいでした。 男女とも20km走ります。走ったことの無い距離で本人は「2時間以内に走る!」と意気込んでいました。運動部でないため完走できればな~くらいの気持ちで応援に行きました。そうしたら、ゼッケンの番号を勘違いしてたため娘に気つかず声をかけれませんでした。がく〜(落胆した顔)早い順番で来たのには驚きました。折り返しして来たら今度こそは声をかけなくてはあせあせ(飛び散る汗)・・・の思いでいました。苦しい顔できた娘に「沙希、最後までがんばれ!」と応援しました。自分自身もほっと一安心。(後で、娘に気づかない母っている?と怒られました)  「強歩大会終わった!ありえない坂だった。でも、目標に立てた『どんなに辛くても歩かない!』が達成できた。本当に良かった手(チョキ)」と笑顔でいいました。沙希、お疲れ様わーい(嬉しい顔)  緊張がとけたのもつかの間で、吹奏楽部の暗譜に一生懸命。することが沢山あるけどその分充実した中学校生活がおくれるのでは・・・。ファイトexclamation×2